西東京市:T様邸インタビュー

:ご主人 :奥様  Yちゃん   インタビュアー 羽:羽山昭彦 撮影:イサタケ

「将来的には“そば屋”をやりたいなぁって思ってい、、」「うそでしょー!?(呆)」

羽:以前のインタビューから2年近く経ちましたね。その時にはいなかったお子さんもだんだん大きくなってきましたね

:うん。子どもね~。でも最初はどこをどう見て解釈すればいいのかわからなかったですよ。寝っころがっているだけで、かわいいなんてわっかんないって(笑)。でもこうやって笑顔だったり、少しずつコミュニケーションが取れるとやっぱりかわいいよね~。1歳4か月だっけ?

:1歳2か月だよ

:えっと、結婚したのは、、、

:2012年でしょ

:もう6年経つの? 早いね。羽山さんとこは?

羽:ウチは結婚して16年ですかね

:すごいね。大先輩だね。Yちゃんは結婚なんかしなくていいでちゅからね~(笑)。(顔をすりよせる)

:嫌がってるじゃん(笑)

:嫌がってないよ(笑) あ、先に聞きたいことがあって、玄関にあるポストの横のスペースにサイクルポート付けたいんです。実は、電動付自転車を買おうか検討していて、それなりの高額備品じゃないですか。屋根とかつけられますか?

羽:大丈夫ですよ

:雨がお隣さんに流れて行かないですか?

羽:基本的には問題ないですね。雨樋もありますし。4年前の大雪でカーポートで倒れたのは1件だけありましたが、サイクルポートは雪や雨で倒れたというのは聞かないですね。実際カーポートが倒れたのも、雪が積もった後に、雨が降ったから重さで倒れたんです。だから稀ですよ

:そうなんだ。工期は結構かかりますか?

羽:半日ぐらいでできますね

:なるほど。いやね、ポストの横のスペースで将来的には“そば屋”をやりたいなぁって思ってい、、、

:何それ?聞いたことない。うそでしょー!?(呆)

:少し増築したらできないかなー?

羽:それは建築違反です(笑)。それこそ捕まります。(笑)

:っていうか無理でしょ。あの狭い場所で“そば屋”なんて。立ち食いでも無理よ(笑)

:いや、子どものためにもね

:それが何でそば屋なのよ~!?(笑)

:だから将来を見据えて・・ね。だって羽山さん、将来この家店舗にできますよね?

:その方向で話を進めないでよ(笑)

:まぁ俺が定年してからの話だから・・・娘のためにも!(笑)

:もう、意味わかんない!(笑)

:話は変わりますけど、羽山さんとこも忙しいんでしょ? 私たちの時も色々一生懸命やってくれましたよね。ゼロエネ(ゼロエネルギ‐ハウス)とか新しい補助金だとか、大変というか、偉いよね~。どの会社もやっているわけじゃないでしょう?

羽:いえいえ、ありがとうございます。毎回、工務店の仲間に勉強させて頂いている感じですよ。それに今はお客様もよくお調べになってから、いらっしゃるので、「何ですか?それ?」とは言えないですからね。お客様も不安になりますから常に勉強はしていますね

 

■もっともっと、突き詰めて考えていけばよかったかもしれないね

羽:では早速。本題に入りますね

:はい。今日はホントに真面目にお話しますよ

:絶対一時間で終わんない(笑)

羽:脱線する気がするなぁ~(笑)

:大丈夫!大丈夫!(笑)

羽:では、お引き渡しして3年半が経ちました。お家そのもの全体的な印象としてどうですか?

:俺から言っていい?

:どうぞ

:基本的にはパーフェクトだね

:なんで英語なの(笑)?

:見た目もいいし、住み心地もいいし、言う事ないよね。やっぱり、注文住宅だからいいんだろうね。(渋めの声で)

羽:前も言いましたが、声はインタビューに反映されませんよ(笑)

:私も基本的には満足してますよ。でも、、、

:「でも」とかインタビューで言っちゃダメじゃん(笑)

:あっ、そっか(笑)

羽:いや、いいですよ。言っちゃってください。「あの時こうしとけば良かったなぁ」みたいなものがあれば是非

:えぇ?そんなマイナスなこと言っていいの? じゃあ、えっと、パントリーが欲しかったかな

:パントリーって何?

:食品庫だよ。知らないの? あとは、インターホンをポストに付けたかった。ポストを後付にしたから結果そうなったけど

:あーそれね

:これはウチの問題だけど。外構をもっとお金を掛けたかったね

:外構って、そんな言うほど場所ないだろ~(笑)

:もーいいよ!だまってて(笑)

羽:「色々出来たかも」って話ですよね!(笑)

:俺はね、もう少しだけ収納が欲しかったかな。お布団入れたりね

:あ、そうそう。お布団入れる収納、一階にはあるんだけどね

羽:あのウォークインクローゼットでは余裕ないですか?

:うん。ちょっとね

羽:そうだったんですね。ちなみに収納、パントリーはたしかにここ最近のお客さんは増えてきましたよね

:そもそもパントリーって何?

:食品庫!(笑) ガンガンとモノをいれておけるからね

:備蓄庫みたいなイメージね。たしかに。そう言われると、もっともっとつきつめて考えていけばよかったかもしれないね。でも建てたその当時はかかってくる金額をベースに考えてしまうからね。後は別にないよね

:うん。満足してるね

 

■皆様おっしゃいますよ。子連れの方は特に「あっ、床イイね」って。無垢の床は良いですよ!

羽:ありがとうございます。では数年経ちますが、良かった点は、、、

:あーそれはたくさんあるよ!まず床!リビングの床!これはもう最高ですよ!みんな来てくれた方おっしゃいますよ。子連れの方とか、「あっ、床イイね」ってお子さんが寝っころがってね。この無垢の床は良いよ。最高だね!俺は一番好きかな。あと、リビングそのままこの畳に行けるのがイイね。ワーロンもいいよね。(※障子の和紙部分の素材)丈夫で。そうそうあれも俺が、、、

:俺が俺がって!(笑)

:いやいや(笑) あと、猫の額のような・・庭!(笑)

羽:皆さん広さはそんなもんですよ!(笑)

:そうなの?(笑) まぁ冗談だけど、でもあるとBBQとかできるしいいよね

羽:あと、外からの目線、窓は気にならないですか?

:あー裏のマンションね。どうなるかなって思ったけど、全然気にしてないね

:戸数が多いマンションじゃないしね。

:目隠しつけて正解だったね

:うん。あれも良かった

羽:ありがとうございます。そんな中一つだけ前のお住まいと比べて決定的に違う良いとことは?

・奥:高気密高断熱だね(即答)

:だってあったかいもん。過ごしやすいし、、、住み心地としては言う事ないよ。建てる前から色々と羽山さんから聞いていた部分もあるけど、多分、熱効率とかも前の家に比べて良いんだろうね

:うん。とにかく“住みやすい”の一言だよね。前は隙間風入って来たてもんね(苦笑)。全然違う。あったかいですもん。雲泥ですよ!

:前の家はひたすら夏は暑くて、冬は寒かったもんな。2階は空調もなかったしね

:暑かったよねー

羽:奥様よく我慢しましたね~

:俺の愛の力で我慢できたよね。逆に愛の力で家の中があっつあつに、、、

:もういい。うるさいなぁ~(笑)

 

■多分光熱費は安いよ。それが当たり前になっていて気にしてなかったよ。

羽:ちなみに前のお住まいでは電気代、ガス代はどれぐらいかかってました?

:うーん。。。あんまり気にしてなかったかな?(笑)

:正直、そうだね(笑) すみません

羽:そうなんですね(笑)。前のお住まいはガスはプロパンでしたっけ?

:はい。でも、ガスも電気も多分安いはず

羽:T様邸のガス料金はとんでもなく安いですからね。奥様のお母さんも明細見て「ええー!」ってびっくりしてましたよ(笑)。御存知とは思いますが、T様邸は“ハイブリッド給湯器”が入ってるんですよね。だから熱効率という部分で、ガスは極端に安いですよね。

:多分建てる時に同じ説明受けたんだけど、新鮮な気持ちで聞いてる。うちってガス安いんだ?

:多分光熱費は安いよ。それが当たり前になっていて気にしてなかったよ。電気代とガス料金はこちらに一年分あるので、確認しますか?(※料金明細を探しに行く奥様)

羽:ありがとうございます。確認させていただきます。これから家を検討する方にとっては貴重な参考データになります

 

■このインタビューって本音で喋ってますけど、忖度しなくていいんですか?(笑)

羽:それでは、以前にも聞きましたが、これから家づくりをする方にアドバイスをください

:言っていい?前に聞かれたよね、、、何て答えたかな?(笑)。今日は家のスペックの話を前提に考えると、家づくりの“最初の初期投資”ってやつはかけたほうがいいよねってことかな。そりゃ先立つものや、色んな事情はありましたけど、やっぱり、後付するよりよっぽどいいよ。建ててる当時はなかった感覚だよね。

:そうだね。あの時は当然ながら、金額しか見えてないもんね

:具体的な助言と言うと、、、あと一枚太陽光パネルのせとこか?(笑) みたいな。このインタビューって、本音で喋っていますけど、、、忖度な発言はしなくていいですか?(笑) 「スーパーウォールいいですよ!家を建てるならスーパーウォール!」的なね。。。

:あーそっか。いるのかな?(笑)

羽:大丈夫です。いりません(笑)。ありのままをしゃべってください。忖度しなくていいですよ(笑)

:あと、土地もあるから、多少この地域も高いからね。自分たちは運よく見つけられたけど、まぁこれも初期投資だよね。少し背伸びしてもね。

:でも私たちもそうだったけど、お金の問題は堅実にいきたいってなるよね。

:無理のない範囲でね

羽:そういって言っていただけるだけで、お客様の視野も広がるので、ありがたいです

:まぁ困った時は、子どもの顔を出して、「お願いしますっ!」て、「ほら笑って!」みたいな“情に訴える”みたいな。(笑)

:あはは、ほらYちゃんもっと笑って!みたいな(笑)

羽:情には弱かったかなぁ?(笑)。じゃあ今日はここまです!ありがとうございました!

«トップページに戻る